真面目な塗装は長持ちする。

真面目な塗装は長持ちする。

長持ちする塗装とは

耐久性能や塗料の種類が有るのはもちろんですが

それよりも当たり前でやらなければならない事が

有ります。①それは塗料の正しい希釈量です。

塗料とはシンナーや水で薄めて塗る事が

基本的ですですが長持ちしない塗装は

薄め過ぎている塗装です。

なぜかと言うと仕上がりは一般的に綺麗ですが

塗装事態に正しい厚みがなく10年持つ塗装でも

5年から3年で耐久性が失われてしまうからです。

なので決まった希釈量で塗料を適切に薄めて

塗ることにより長持ちします。

②正しい塗り回数

一般的には塗装は3回塗りです。

塗装は薄く塗ったりただ厚く塗れば長持ちする

なんて事は全く御座いません。基本的には

下地に合わせて下塗りをしっかり塗り

仕上げの塗装を適切な厚みで3回塗り

正しい施工を致します。

又場合によって下地の痛みが酷い場合は

下塗りを2回塗り上塗りを2回る4回塗りも

基本的な長持ち施工する正しい塗り回数です。

この様に正しい厚みや塗り回数で長持ち塗装が

出来るのです。

③正しい下地処理

正しい下地処理とは塗料のランクや

耐久性能よりも大切な工程で長持ちする塗装を

実現させる一番重要な作業です。

例えば外壁にひび割れや汚れが

有るまま塗装したらどうなりますか?

錆びた屋根をなにもせずに塗装したら

どうなりますか?

なにもしないまま耐久性能が良い塗装を

してもすぐに剥がれてしまいます。

なので外壁のひび割れは補修して汚れは洗剤や

高圧洗浄して塗装したり錆びた屋根はしっかり

錆びを落とし錆び止め処理をするなど適切な

下地処理をする事により長持ちする塗装を実現

致します。これら当たり前の塗装綺麗な仕事をする

真面目な塗装をするのが一心美装です。

関連記事

お問い合わせ
フォーム
お問い合わせ
フォーム

お問い合わせ